愛娘のまいちゃん(2015年~2018年 )をご紹介します。

まいちゃん
女の子/トイプードル/アプリコット色

2015年に家族に犬を迎え入れたい私
の願いから出会う。
ブリーダーや近くのホームセンターなど5か所ほどまわり、ようやく出会えた子。初めて会った時は眠そうで抱っこした時に安心して寝てくれたのがはじめの思い出。

性格:
人懐っこい/犬見知り/甘えん坊/かしこい
特技:おすわり/おて/おかわり/まて/ふせ
好きなおやつ:サツマイモとりんご


現在里親様の元(ドッグトレーナ様)で元気に過ごしています。


私の力不足により里親の元にいるまいちゃん。

元夫のモラハラ・暴力により離婚し、パニック症を発症してしまい再就職は困難に。

起業をするも、当時の私は焦りがあり収入が間に合わずまいちゃんの幸せを考え里親へ。


******


出会った当時は専業主婦だったので、
まいちゃんがいつも一緒で寂しくなく、ほっこりと癒されていました。


しつけやトイレの後始末など、イライラすることがあったけれど、私自身の成長にもプラスになることがたくさんあって、今では子育てに役立ってます。


心広く余裕を持つように忍耐を鍛えられ、
愛情をもって接することの大切さを。



2015年の春、私のお腹に赤ちゃんがいました。

まいちゃん、一緒に生まれてくる子を楽しみにしてたよね。

弟かな?妹かな?なんて話したよね。



しかし、元夫との関係が悪化し、
胎盤に炎症起こし実家へ安静帰宅。(絨毛膜羊膜炎 )



無事出産後、
元夫とともに住む家に帰宅し、子育てと専業主婦をこなしていくが、元夫とさらに関係が悪化。

※モラハラ・暴力内容は伏せておきます。何卒ご理解くださいませ。



最後の喧嘩が大事件でした。

楕円型のローテーブル(※5㎏分くらい)テーブルを投げ飛ばし、ケージの中でおびえるまいちゃんと驚いて泣きわめく息子(0歳)。


この時に「この子たちを守らなきゃ!」と洗脳されていたものを解放するかのようにぶわっと心が熱くなったのを今でも覚えています。


そして、恐れていた離婚へ踏み切りました。


そして無事に離婚したのですが、この後いろんな困難がありました・・・。


パニック症もっての再就職が厳しい事。

いつ過呼吸になるか、突然襲ってくるので、迷惑をかけられない。難聴という障がいもあったので、いろいろ弱気になっていました。


それならば、家でできることはないかと考え、まいちゃんの似顔絵を描いていたことをきっかけに

犬の似顔絵を始めよう!と起業しました。


しかし、当時の私は、焦りの気持ちが強く、心身ともぶれてしまった時期があり、収入が間に合わなくなってしまいました。お恥ずかしい限りです。


何度もずっと一緒にいるんだ!って強く思っていましたが、愛するまいちゃんを不幸にしたくない気持ちの方が強かったです。


どれが正しいことかわからない。


それでも、里親に渡すなら、絶対に幸せにする家族にお嫁にと考えました。


そして、里親探しサイト「ペットのおうち」を活用し、ドッグトレーナーがいる里親経験豊富な犬好きファミリーに出会うことができました。


まいちゃんを家族に迎え入れてくれることが決まった時は、本当に安心し心から嬉しかったです。



まいちゃんと最後の夜過ごした時・・・。


「お互い頑張ったよね。本当に怖かった時もあったよね。私の手を噛みつくこともあったね。それでも一緒に散歩したり遊んだり楽しかったね。ごめんね。本当は最後まで一緒にいたかったのに。たくさんの事を教えてくれて、ありがとう。ずっと愛しているからね。」


お別れの時はバイバイは言わずに、お互い目で見つめ「また会おうね」と・・・。


愛おしいまいちゃん。


私は今でもずっと愛しています。

一日も忘れることがありません。


絶対に私はあきらめないで生きます!


だから

まいちゃんも幸せな犬生を過ごしてね。

また会おうね。


鷹島 真理奈