鷹島 真理奈のプロフィール

2020年05月08日

こんにちは。鷹島 真理奈(たかしま まりな)と申します。

ATELIER Peroro 犬アーティスト・画家として活動をしております。


ー 実 績 ー

2020年4月現在 オーダー実績110件以上

犬を我が子のように愛する愛犬家様からのオーダーを多くいただいています。

今まで描いてきた犬種は、トイプードル、柴犬、ミニチュアダックスフンド、シーズー、パピヨン、ポメラニアン、マルチーズ、ゴールデンリトリバー、ピションフリーゼ、チワワ、ポメプー、ミックス犬 などなど 


ー 経 歴 ー

・小学生時代にカラフルなお城の絵で受賞する。

・そっくりに描くのが得意なことから、友人にポケモンカードの絵を描いてほしいとお願いされることが多く、喜ばれたことに初めて嬉しく思った。

・20代のころ、友人から「母の誕生日に似顔絵で普段笑わないから笑顔にして描いてほしい」と描いた似顔絵に、「お母さんが笑顔の自分に喜んでいたよ。本当にありがとう!」と感動の声をいただく。

・絵関する資格は無く、美術大学や専門にも行っていないが、小さい頃から「見たものをそっくりに描く」ことが得意だった。それだけではなく、頭の中でも絵に描くようにイメージがあり、こうしてほしいというイメージを描きだすことができる。

・2017年に、飼っていた愛犬の似顔絵が犬友の間で好評になり、「うちの子も描いてほしい」とお願いされるようになったことをきっかけに、犬の似顔絵・絵画をお仕事に始める。

・絵の技術は、独学で世界一流の画家の絵を見て学び、描いて描いて技術を高めています。さらに、画材を正しく使うよう、本を数冊購入し学びの日々です。



ー 鷹島 真理奈のミッション ー

犬を我が子として愛してやまない愛犬家へ

障がい*の代わりに授かった絵の才能を生かして

世界で一枚の愛ある絵を届ける。

*障がい名:両側感音性難聴

ー 鷹島 真理奈のビジョン ー

いつまでも愛犬と共に生きる

絵を飾る愛犬家をたくさん広げて

世の中を明るく幸せにする


Q、お仕事をする中で、うれしいときはどんなときですか?

最高の絵が完成した時とお客様の元に絵が無事に届いて喜んでいただけた時です。


 Q、 今のお仕事につながる過去の経験はありますか?

小さい頃から得意の絵を描くことと、犬が大好きを併せて犬の似顔絵・絵画のお仕事に繋げました。


 Q、つらかった時期や失敗はありますか?

小さい頃からいじめられた経験から人にたいして恐怖があり、人間関係が難しかったこと、ぶれやすい自分で大切なもの(愛犬を里親へ)を失ったことです。

失ったことで気づくこともたくさんあり、今では後悔よりもより愛おしいと思うようになりました。


 Q、どのようにして乗り越えましたか?

人に合わせて「イイ人」を演じていたことに気づき、自分の気持ちを大事にして行動するようにしています。聞き取りが難しいことを受け入れ、相手に伝えることを大事にしています。

ぶれやすい自分だった時、現実さえも見えにくくなり「なんとかなる」と思い込んでいました。しかし、専業主婦から一児のシングルマザーになり、収入もままならない時に、犬も一緒に生活していくことは経済的に難しい状況でした。

とても悔しく、断腸の思いで愛犬を里親に渡しました。

愛犬の幸せを考え里親を探し、ドッグトレーナー・里親経験豊富の方にお願いしました。2020年現在、とても幸せに犬生を過ごしておられますので、ご安心ください。

ロスになる不安がありましたが、愛犬の似顔絵のおかげで毎日励みになっております。今では、また会いたいという愛おしい想いをもって過ごしております。


 Q、お客様にどうなってほしいですか?

大切なわが子(犬)といつまでも一緒にいられますように。愛犬の絵を飾ることで、犬への愛を大切にたくさんの良い思い出を思い出して幸せに過ごしてほしいです。


 Q、今のお仕事を通じて、あなたはどうなりたいですか?

障がいも才能も誇りを持って強く生きていたいです。そして、息子に私の生きる道を胸張ってみせていきたい。


 Q、どんな子供でしたか?

負けず嫌いでした。けれど、いじめられていた時は、正直心の中では大泣き。よく言われていたのは、「犬みたい」。元気に活発、素直な子でした。

中学生の時、毎日頭をなでてくれていた先生がいました。


 Q、子供の頃は何になりたかったですか?

お菓子屋さんだったかな。可愛いお仕事したかった気がする。


 Q、人からよく言われることは何ですか?

最近では、落ち着いていると言われることが多いです。

仕事が早い、時々おっちょこちょい、聞き違いが面白い、丁寧、字がきれいで温かい人柄が伝わる。


 Q、人に驚かれることはありますか? 

聴覚障がいで補聴器を付けているように思えないくらい、おしゃべりが上手なこと。だけれど、聞き取りはとーっても苦手で、よく聞き返したり、聞き間違いしたりします。


【生年月日】1988年8月生まれ 31歳

【出身地】秋田県由利本荘市出身(現在も在住)

【障がい】両側感音性難聴(両耳に補聴器を装着)

【家族】一児(男の子)のシングルママ

【趣味】映画鑑賞、読書、散歩、息子と遊ぶ、お菓子作り、ガーデニングなど多趣味 

【好きな食べ物】寿司(いか・サーモン・ホタテ・納豆巻き)、カレーライス、焼肉など

【嫌いな食べ物】ピータン(友達の結婚式で初めて食べました。)

【最近はまっていること】スクワット・美カラダづくり・美眉・ファッション


読んでいただき、ありがとうございました。

これからもたくさんの愛を込めた犬の絵を描いていきますので、応援をよろしくお願い致します(*^-^*)