絵は写真よりも思い出を思い出しやすい。

2020年06月23日

桜を背景に、大好きな愛犬2匹と共に絵を描いてほしい。水彩画の絵風にも惹かれて、Instagramで出会ったお客様です。

凛々しいお顔の2匹は、男の子のトイプードル。飼い主のことが大好きで、よくドッグランにも行くようです。

さて、最近こちらのお客様に、絵の状態の確認連絡をしていました。すると、思いがけないご感想メッセージが送られてきました。

こちらです。

素敵なメッセージをありがとうございます。この絵を実際に飾って、感じたことがあったと。こうして改めて読むと、心の穏やかさが伝わってきます。


絵は写真よりも思い出しやすいことが多いです。
その理由は3つあります。

①オーダーする時にお願いした時の想いは強く忘れない

②待つ時間がドキドキとワクワクで楽しみな自分がいる

③永遠の絵が手の元にある瞬間から幸せがずっとある


さらに多彩な色からも脳に知らず知らずにいい影響を与えています。デメリットがない、色彩。絵は、メリットだらけだから、あとは描き手の想いです。


愛犬家の心はとても優しくて穏やかな方。そんなあなたの想いが絵という形にして、いつでも見れる場所に飾ることで、永遠の幸せがそこにあるのです。

忘れないで。

あなたはとっても素晴らしい心の持ち主です。なぜなら愛犬の表情はとても穏やかで幸せなのが伝わるから。描いていると語りかけてくるのです。毎日、良いことがたくさんありますように。 

私もそんな愛犬家の幸せを願って、一枚一枚に心を込めて描いております。