CONCEPT
コンセプト

「愛犬のために生きる」

絵を通じて愛犬との幸せな大切な時間を提供するというコンセプトをもとに、ATELIER Peroroは誕生しました。
家族記念日、誕生日、特別な記念日など、人生のなかの大切なシーンを絵に残すことで、いつでもその素敵なシーンと想いを思い出すことができます。また、憧れの場所や亡くなった先祖犬と並べたり、実現できなかったことなどが、絵なら実現することが可能になります。
ATELIER Peroroでは、絵をお描きしていくことで、愛犬家たちの人生に寄り添っていきたいです。「絵を飾る愛犬家を広げることで、幸せが広がっていく」そんなことを夢に見ています。

ATELIER Peroro (アトリエ ペロロ)とは

ペロロは、スペイン語の犬「Perro(ペロ)」からです。そして、犬は舐めることで愛情表現してくれるところが可愛らしく、ペロロとなめている音につなげました。 
ハート型の鼻について:犬への愛とパレット ※まいちゃんの鼻もハート型でした!


愛犬のために生きる決意と共に
ATELIER Peroroを開業

犬を描くきっかけは、愛犬まいちゃんです。結婚後、小さい頃からの夢だった「犬を家族にしたい」想いから飼い始めたトイプードル(アプリコット色/女の子)まいちゃん。自慢のわが子を得意な絵で描き、犬友からもお願いされるようになりました。

しかし、離婚してシングルマザーになった私の経済的力不足により、まいちゃんは里親様のもとにお願いしました。現在では、ドッグトレーナーの里親様のおかげで生き生きと幸せに過ごしております。新しく芸も覚えたようで驚きです!

そして、まいちゃんの絵が私の心の支えになっています。絵がロスによるストレスの軽減になること、日常のなか見ることで癒されること、笑顔になること知りました。

里親様のもとにいる愛犬のために心強く生きることを決意し、愛犬がいつまでも家族一緒にいられますようにと願っております。また、ロスになっている方、里親へ渡した方、無理なく少しずつ癒し、新たな出会いを楽しんでいただきたい想いです。


秋田県由利本荘市の自宅にて全国各地からの依頼を受けて制作して2020年4月に4年目を迎えました。

「そっくり!」「生きているみたい!」「温かい絵です!」
とたくさんの高い評価をいただいてきましたが、驕ることなく今後もお客様の幸せのお手伝いのため、思いやりの気持ちを大切に日々精進してまいります。

※ 地元のフォトグラファーによる撮影